読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ストーリー

陰湿なビルの地下から出てみると、

まぶたでは保護できない青空から

光線が降り注いでいた。


大抵は西へ東へ、1日の義務を片付けようと急ぐ人達でうんざりする光景が広がるはずだが、祝日らしく見通しが良い。信号の反対側までよく見える。陽気に照らされて、傷ついている街路樹でさえも力強く生命を見せつけては、緑を叫んでいた。


その日の朝に仕事が終わり、このまま河川敷で友人達とバーベキューをする予定であった僕は、かねてからの約束通りの時間にかかってきた電話が嬉しかった。


今日一緒に過ごす連中について、詳細は濁しますがいわゆる普段の生活とは無関係で、色々な人が来る予定。久しぶりの旧交を確認し、励ましあい、涙ながらに暖めあい、育むのでしょう。


そんな中、事前に連絡を取っていた人からの着信である。

出会った頃は18歳で、現在は20歳になったとか。そんなに古くない友人なのです。


まず、最初からインパクトの塊だった。

とても頭の回転が速い人で1つの事をやるのに誰よりも手が早かった。

集団で話してる時も1人、突拍子もない話題で話しかけてくるし相手が応える頃にはもう別の話になっている。それでいてそのキレイな容姿からか何なのか、人に愛されるのである。


当時は被告として裁判中だった。いや、個人的な事なのでまたしても詳細は濁しますが、反射的にやり過ぎてしまったようです。本人は困ったように教えてくれたが事実であればかなり残虐かと思われますが、、、

笑ってしまった。

後から他人に聞いたのだけど

土地柄か、実家がとても怖い家だとか、、、


何にでも興味ありそうで何にも興味が無さそうなそうなその子は何故だか歳が倍近く離れた僕に懐いてくれて、遊んでくれるのだが小さな僕は内心それが誇らしい。


とまれ、移り気で約束も平気で破りそうなその人が律儀に電話してきたので嬉しい。朝の10時に2時間かかるところからちゃんと来てくれて少し意外だったけど。


取り止めも無く、皆でバーベキューを愉しみ、今は会社を経営しているとの事でその子が幾分礼儀正しくなっていた事を皆で笑ったり。


帰りは反対方向に1時間かかる僕の家まで送ってくれてありがとう。

購入した時にはキレイだったBMWがあちこち凹んでいて、僕は苦笑いしてしまいましたけども。