読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長浜ラーメン

2.3先の駅近くにある長浜ラーメンという赤暖簾が気になった。


もちろんそこは長浜ではないし、隣県の方が近い。いやもう隣県扱いしてますよ、たまに。結構な田舎。


ついに機会を得た僕は、すわ、とその赤暖簾を目指した牛である。


途中、海岸線を通るのだが陽射しが美しく大変気持ちの良い祝日であった。

左手には整骨院本日開院、本日のみ治療無料と手書きで書いてあり色々アウトな4坪ほどの丸太小屋が見えた。見てない。忘れよう。


目的の赤暖簾をくぐると、完璧だった。

テーブルにはもう10数年はその席に居座っていそうなおじいさん、打ちっ放しの床とカウンター、と昼なのになんか暗い店内。切り盛りしているおばさん3人。割と間を空けずに入ってくるお客さんなど。


セルフ・サービスの水を手に取ると横の漫画棚に目がいった。

火の鳥」が揃っている、いやいやラーメン片手にささっと読めるような漫画じゃないでしょこれ。


あれか?ラーメン道みたいなものがあって輪廻転生となんか関係あんのか?いや、ただそこにあるだけか。


ラーメンを頼もうとしたけれど、是非に、という具合に高菜ラーメンが推奨されていたのでそちらにした。


テーブルに座っていた小学生達の替え玉を呼ぶ声、世間は連休中なのです。


程なくして高菜ラーメンが届いた。

これは、、、とてつもなく臭い。

表面もラードの透明な層が分厚く横たわっている。


当たりだ!と思いました。

すみません、度が過ぎたものが好きなんです。とてつもなく辛いものや、強力なアルコール。ものすごく早い音楽や、ほとんど聞こえない声。あの、圧倒的に蹂躙される感じ。

もちろん普段からそれは選ばないが

ここにまたノックアウトされたい時の為の選択肢が増えたと思った。


勢いあまり、替え玉を頼んだが4分?くらい来なかった。手違いがあったので謝られた。ラーメンは冷めてしまったが別に良い。手違いも知ってたし。

会計の時に、実は高菜が足りなかったから50円マケますときた。

500円+替え玉100円で600円のはずだったがレジで別のおばちゃんに700円取られた。正規の値段より高くなった。なんかクラクラして、望みどおりノックアウトされた。