読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

穏やかな生活、ずっと刺さったままの古いトゲ

を確かめてみたら抜けていた。

かの有名な風化ですか?

どうでしょうね、それも今日だけの事かも知れません。


何度もそのような錯覚はありましたし。

手に入らない、距離が縮まらないようなことはもうやめたいな。 


永遠に来ないのではないかと疑っていた5/19もその後ろ髪を見せ始めなんだか不思議な気分です。




ストーリー

陰湿なビルの地下から出てみると、

まぶたでは保護できない青空から

光線が降り注いでいた。


大抵は西へ東へ、1日の義務を片付けようと急ぐ人達でうんざりする光景が広がるはずだが、祝日らしく見通しが良い。信号の反対側までよく見える。陽気に照らされて、傷ついている街路樹でさえも力強く生命を見せつけては、緑を叫んでいた。


その日の朝に仕事が終わり、このまま河川敷で友人達とバーベキューをする予定であった僕は、かねてからの約束通りの時間にかかってきた電話が嬉しかった。


今日一緒に過ごす連中について、詳細は濁しますがいわゆる普段の生活とは無関係で、色々な人が来る予定。久しぶりの旧交を確認し、励ましあい、涙ながらに暖めあい、育むのでしょう。


そんな中、事前に連絡を取っていた人からの着信である。

出会った頃は18歳で、現在は20歳になったとか。そんなに古くない友人なのです。


まず、最初からインパクトの塊だった。

とても頭の回転が速い人で1つの事をやるのに誰よりも手が早かった。

集団で話してる時も1人、突拍子もない話題で話しかけてくるし相手が応える頃にはもう別の話になっている。それでいてそのキレイな容姿からか何なのか、人に愛されるのである。


当時は被告として裁判中だった。いや、個人的な事なのでまたしても詳細は濁しますが、反射的にやり過ぎてしまったようです。本人は困ったように教えてくれたが事実であればかなり残虐かと思われますが、、、

笑ってしまった。

後から他人に聞いたのだけど

土地柄か、実家がとても怖い家だとか、、、


何にでも興味ありそうで何にも興味が無さそうなそうなその子は何故だか歳が倍近く離れた僕に懐いてくれて、遊んでくれるのだが小さな僕は内心それが誇らしい。


とまれ、移り気で約束も平気で破りそうなその人が律儀に電話してきたので嬉しい。朝の10時に2時間かかるところからちゃんと来てくれて少し意外だったけど。


取り止めも無く、皆でバーベキューを愉しみ、今は会社を経営しているとの事でその子が幾分礼儀正しくなっていた事を皆で笑ったり。


帰りは反対方向に1時間かかる僕の家まで送ってくれてありがとう。

購入した時にはキレイだったBMWがあちこち凹んでいて、僕は苦笑いしてしまいましたけども。














フォロワー

後からついて来るんですね。


適当に選んで、自分の唇に乗せたい言葉だけ選んで歌っていると


後から言葉が体を成して来るんです。


自分の唇とか言ってると自己愛が強いように思うけど、「あの人」の唇を想像している。「あの人」って誰だろ?成りたい自分でもないし、、

存在もしてないけど空想でもない。


昨日はlowell ribermanのフルート協奏曲を聴いていた。盤を持ってないので欲しい。なんかプロコフィエフに通じたので調べてみよう。


よくある病で数年間クラッシックばかり聴いていたけど悪い事でもない気がします。

物によったら数百年前のダンスミュージックだし。

なんかまとまらないだらだらとした日記。





告知

f:id:tepPohseen:20170504134934j:plain5月19日難波ベアーズにて。楽しみなのです。ヰタ・セクスアリス、ソルマニア、黒岩あすかさんと共演です。

個人的に思い入れがものすごい、ギューンカセット主催難波ベアーズシリーズ?です。

去年はあんなに素晴らしい事が起こって、今年は何が起きるのだろう。

長浜ラーメン

2.3先の駅近くにある長浜ラーメンという赤暖簾が気になった。


もちろんそこは長浜ではないし、隣県の方が近い。いやもう隣県扱いしてますよ、たまに。結構な田舎。


ついに機会を得た僕は、すわ、とその赤暖簾を目指した牛である。


途中、海岸線を通るのだが陽射しが美しく大変気持ちの良い祝日であった。

左手には整骨院本日開院、本日のみ治療無料と手書きで書いてあり色々アウトな4坪ほどの丸太小屋が見えた。見てない。忘れよう。


目的の赤暖簾をくぐると、完璧だった。

テーブルにはもう10数年はその席に居座っていそうなおじいさん、打ちっ放しの床とカウンター、と昼なのになんか暗い店内。切り盛りしているおばさん3人。割と間を空けずに入ってくるお客さんなど。


セルフ・サービスの水を手に取ると横の漫画棚に目がいった。

火の鳥」が揃っている、いやいやラーメン片手にささっと読めるような漫画じゃないでしょこれ。


あれか?ラーメン道みたいなものがあって輪廻転生となんか関係あんのか?いや、ただそこにあるだけか。


ラーメンを頼もうとしたけれど、是非に、という具合に高菜ラーメンが推奨されていたのでそちらにした。


テーブルに座っていた小学生達の替え玉を呼ぶ声、世間は連休中なのです。


程なくして高菜ラーメンが届いた。

これは、、、とてつもなく臭い。

表面もラードの透明な層が分厚く横たわっている。


当たりだ!と思いました。

すみません、度が過ぎたものが好きなんです。とてつもなく辛いものや、強力なアルコール。ものすごく早い音楽や、ほとんど聞こえない声。あの、圧倒的に蹂躙される感じ。

もちろん普段からそれは選ばないが

ここにまたノックアウトされたい時の為の選択肢が増えたと思った。


勢いあまり、替え玉を頼んだが4分?くらい来なかった。手違いがあったので謝られた。ラーメンは冷めてしまったが別に良い。手違いも知ってたし。

会計の時に、実は高菜が足りなかったから50円マケますときた。

500円+替え玉100円で600円のはずだったがレジで別のおばちゃんに700円取られた。正規の値段より高くなった。なんかクラクラして、望みどおりノックアウトされた。





無花果

何もない気分で目がさめる時がありますよね。


昨日はキングクリムゾンのスターレスを聴きながら寝たようだった。