leave me alone

これはイケナイ、と思いたち

オレは車に乗り込んだ。


西へ向かうと海岸線があり、奥には水平線が横たわっている。


天気、お日柄も良く砂浜にはまばらに家族達が散らばっていた。


衝動的に飛び出してきたオレは海に入る準備も必要もなかったのでさらに西を目指した。


何がイケナイというのだ。


イケナイ、という事に間違いは無い。1人で考えこんで、気付いたらイライラしていたのでこんな物思いはイケナイ、と思いどうにかしようとした結果だ。1人イライラ発生機。


妙な危機感から何かをせずにはおられず飛び出して来たので海水浴場なんか来たらさらに危機感が増してしまった。リラクゼーションなんか必要ない。大きな海なども要らない。


さらに目指した西には全く何もなかった。滅多にこない、というだけの相変わらずな道だった。


いい加減に県境をまたいでしまい、少しは気分を変える気になった。

まだ聴けなかった数々の音源を聴いていたら少しは気が変わってきた。


楽器が弾きたくなってきた。どうしてオレはこんなところにいるんだ。

今すぐ家に帰りたいがやたら遠くまで来てしまった。


さすがにバカらしくなり、適当だけが加速していった。水産センターに入ったり、観光名所に行ったり、市場に入ったりしてみたがどこも5分とせずに出てきた。


大体が無益なのだ、やってみた事の一割だって成功しない。やってみたが後悔しなかった事はない。やってみたから後悔出来るというだけの事だ。


もう知らない道を知らないところへ向かっていると石仏群という標識が見えた。

家は一応仏教式ではあるが、いわゆる無宗教だ。正月くらいは有難がってやるくらいの事だ。


まだ少し迷い気味で、荒れている事が出来るオレはお試しの気分で初めて自発的に仏像を見る事にした。


オレは文化人気取りの鼻を利かせ道を辿る事にしたが面喰らった。

矢印通り進んだ先は山の上の大きな体育館だったのだ。


たくさんの学生達がバドミントンの試合を終えたところで保護者達と共に帰路につこうとしているところで

確かに坊主に違いない、と思ってしまった。バカにしてやがると感じたオレはまぶたの裏で全員を袈裟斬りに処した。


が、良く見ると体育館の横の小さな山道に矢印の続きがあった。また間違い、早とちりをしてしまったようだ。まぶたの裏に束なる死体に謝罪しお経をあげ、片手で手を合わせておいた。携帯電話をもっていたので。


標識に従い、山道の有り難い階段を降りたり登ったりを数回繰り返したところ、駐車場に出た。


すみません。今度からはこっちに案内して下さい。


とまれ、必要のない苦労をした先で

遂に石仏群に辿りついた。磨崖仏。数種、かなりの数の磨崖仏があり思わす見入ってしまった。


半洞窟状の形をしたその場所は岩の崖が屋根になり、7月であるのに冷気が地面に溜まっており、岩壁から飛び出た雑草や、所々密集しているコケが美しかった。1つ1つの仏像を見ていると何だか不安になり、まじまじと見る事が出来なかったがその半洞窟状になっている場所から脚を退け俯瞰して見ると、溜め息が出るような美しさ、凄まじさを覚えた。

その瞬間、そのたった一瞬だけとはいえ気になっている事、どうにもならない事などすべて忘れた自分に気が付いた。


来てよかった。




日記を書いても

書いては下書き、書いては下書き。

溜まる一方です。

思ってる事を書こうとするからなんか気持ち悪くなってやめてしまうのですね。


前みたいに体験した事だけ書いていこう

前回の日記

書いてみればある程度まとまるかと思いましたが、そういう事もなく1日が過ぎて行きます。


昨日と同じ1日。明日も同じ。


積極的には出来ないけど早く記憶

無くさないかなオレ。


話変えるけど、今必死になって練習してる曲が僕の気持ちを満たそうとしてます。

歌詞を作るのは結果、心地が良い



忘れない

これだけ情報が増えると避ける事が絶対に出来ない


あらゆる性的表現について


僕はその全てがイヤで嫌いで、憎い。


無論、僕だって女の人が好きだし性的欲求に駆られる。


理性と記憶が、僕の本能を憎たらしく思い、摩擦ですりきれそうになる。


事の発端は、学生時代に大切な友人が乱暴された事に遡る。

休日明けに見た顔はあざと、かさぶただらけで僕の心臓を抉りとらんばかりであった。

実際に一部は欠落した。


その友人の心はとても尊く、聡明で

僕は心から尊敬の気持ちを持っていた。


その美しい存在を薄汚い、理不尽な暴力でねじ伏せたヤツがいる


僕は怒りにくるまれたがその行き先はどこにもなかった。


そいつがどこの誰だかもわからない上に、自分の怒りを発散する為だけの理由でそれ以上聞き出す気にもなれなかった。

本人がどれほどの気持ちでいるのかは全く想像も出来ないが他人である


僕は、その他人である事が耐えられない事も加え、怒り狂っていた。


そしてその怒りはエゴであり、

余計なお世話だという事もわかっていたが遂に今まで変わる事が出来ないでいる。


怒りは時間と共に風化する事は無く、僕に歪な変化をもたらしています。全ての性的な表現や、いわゆる性的な話を楽しむ人達、

今そこにいた女性が去った後の男同士の下品な会話、そして同じ性的欲求を持つ同種の自分を憎んでいます。自分の記憶と本能の摩擦。


冒頭、書いたように現代に生きて行く上で、その手の物を避ける事は出来ません。過敏でオカシイのは僕だし、変わらなければいけないのだけれど、この20年間、変われませんでした。忘れる事もありません。最早、怒りなのか、哀しみなのかわからない。

とにかく傷付いてしまうのです。


この先どうして、このまま生きて行くのか。


それ自体が甘美な事、というのはよくわかるし僕もそれを求める。

恍惚とし満たされる感覚は僕をハイにする。

だけれど心の何処かで自分に対する暗い怒りの炎が燃えています。


いっそこのままどこまで自分を嫌える事が出来るのか、すみませんこの先は書けません。


そしてこんにち、又、様々なニュースで性犯罪に関する論争が行われています。人は人の自由を奪わず暮らして行くべきなので僕のエゴは誰にも押し付ける事はないけど、

人間は物を思う動物なのです。


僕はもうその事を忘れたい。失くしてしまいたい。どうして嬉しい事は

忘れてこの事ばかり焼き付けられているのでしょうか。


僕のたった一回の人生で起きてしまった、たった1つの関係ない犯罪がずっと僕に暗い影を落とし、決定付けられてしまいました。


みんなと一緒になって、冗談だから笑ってふざけあったりしたいのかもしれないですが、僕にそういう事はないでしょう。


簡単な気持ちで触ったり、安易に手を出して、

果ては話かけたりしているのでさえ

記憶が蘇るのです。

なにか関係の無い、美しい物を見た時でさえそれが失われる時がある事を考え、結びつけてしまいます。


僕の今までの行動で辻褄が合わない事もあると思いますが、僕には怒りと本能が相反していてよくわからない状態になります。とても自分の都合の良い様に。自分は良くて他人はダメ、という薄汚い心持ちな時もあります。


論争の一部に「誘うような仕草」

「露出の多い格好」をする方が悪い、という意見を見かけてしまいました。良かれ悪かれ「性」の話題は何でも傷付くので何も触れない、何も考えないようにしていたのですけども。


自分の欲求の為に他人を踏みにじるヤツが嫌いです。力でどうにでもなるのなら、それ以上の力でそいつをどうにかしてやりたいと考えます。

本当に、暴力的に。それは間抜けな事だと知りながら。


そしてまた逆の事を書きますが、人の表現は自由であるべきだと思います。ただ、それを超えて敢えて思います。暴力の対象にならない様にして欲しいとも思います。

それは、プールサイドを走らないという様な類の簡単な安全対策程度のもので結構です。



起きてしまった過去は変わりません。どんな努力をしても無くなりませんでした。


僕は被害者ではありません。勝手に傷付いているだけです。そしておかしな方向に変化してしまいました。


誰か僕を変えて下さい。忘れる事は出来ないのでこれから、過敏に反応する事なく生きて行く為に、他人の事を話の題材にするわけにいかないので20年間1人で考えてましたが間違いました。


助けて欲しい。この気持ちのままでいたくない。他人を変えたいのではなくて、僕が変わりたい。










もう来年の話。

早く予定が決まるのは滅多にない事だよな、と嬉しく思っていたら去年はこの時期にライフ イズ ミュージックの出演が決まっていた気がする。


まだ3ヶ月しかたってないのか。

今年もたくさん演奏してるなと思っていたがまだ4回しかtepPohseenやってなかった。なんかものすごいエネルギーに絡まれてるな。











小さきものへ

数十年ぶりに母にガンが見つかり、ちょっと進行しているようなので考えないといけない。という思いです。


なんというか家系的に父方も母方もほとんどそれで亡くなってるので冷たい言い方だと思うけど慣れてしまってます。割と身近な病。悲壮感もないです。


母には2人の兄弟がいたとの事ですが

僕が生まれる前にそれで亡くなっています。


とりあえずやりたい事があるなら出来るうちにしておきたいという思い。


僕は何だか丈夫のかたまりのような人間なので元気です。



個人的な予定です

8/6 博多no wave at CBでfreeman

w/velocityut /イグアナズ/ぼら


8/20トヨシマ オン ステージat gigiでソロ

w/オクムラユウスケ


8/27 at gigiでn.a.o とソロ


宜しければ是非どうぞ