広島 田舎者フェス アラウンド

1月6日当日。朝の9時に仕事を終えたオレは24時間ギターを預かってくれる場所に自分の荷物を取りに行った。


博多から広島へ。特筆すべき事は何もなく新幹線は時速240キロか何かで線路の上を走って行った。


まずはギターの丸山君と合流する為、信じられざるスムーズな形で西広島に降り立った。

誰でもそうだろうが初めて来た土地はドキドキする。

力付くで自分の気持ちをねじ伏せてコンビニエンス・ストアーでビールを買う事とした。

新しい、知らないものだらけの中で敢えて知ってる場所に入るこのスリルはお分かりでしょうか?

ギリギリまで乾いて、後に出来る限りを吸収する準備体操。オレの頭には闘牛士をさす為のツノが生えていたのかいなかったのかしらん、とにかくレジに缶ビールを持っていくと

浅黒い肌の40代店長が慇懃な様子で「お支払いはビザリングで?」とのたまった。

完全に面食らったオレは、「え?はいカードで。」と左ジャブで返したところさらに店長は「ビザリングですね」と右ストレートをねじりこんで来たのでオレは青コーナーに沈む事となった。かろうじて手にはビールだけが残った。


丸山君との約束にはまだ時間があったので広島で最古らしいお好み焼き屋さんに入った。80歳を超えても60年間おばあさん1人でお好み焼きを焼いているとの事。とてもシンプルで美味しい。そのおばあさんと1対1の形になったのでもう何百と繰り返したであろうおばあさんの半世紀のお話を聞いて1時間程で店を後にした。

とても大変ないい話だった。


丸山君と合流し、自宅で少し練習をして本日の会場であるヲルガン座へ向かった。関係無いが移動中、本当にコンビニよりも鉄板焼きのお店の方が多い事に驚いた。


ヲルガン座、ふらんす座のあるビルごと経営するゴトウイズミさんと終演後に挨拶できた、ずい分前から知っている人だったが会えたのは初めてで嬉しい、僕の事も知っていてくれたので嬉しかった。


この日は噂に聞く広島の「田舎者フェス」の前夜祭でお座敷ライブ、


15時半に開場し、23時くらいまである長丁場、お正月的イベントという事もありダラリと緊迫するような面白い雰囲気で途中退場する人も少なく(!)皆音楽をやったり聴いたりしていた。


全出演者とても良い演奏だった。真正面から全部見る、という具合には行かなかったが出来る限り知りたかった。僕は偏った人間なので音楽なら何でも好き、という風に行くべきがなかなか行けないのですが全部とても良かった。前夜祭ではあるけれど田舎者フェスというものに期待と信頼がある事を感じた。


エマニエル大弥、kneeeee、ロケット、anndoe、藤谷さん、たけださんたまいし、ルーペズの2人、端島遼一

桝本さんありがとうございます。


アンドウ君のエレキギター弾き語りや端島さんの楽屋での演奏が印象的だったのと桝本さんのピアノ弾き語り、そして全く知らなかったとても良いルーペズ。覚え書きみたいですみません。

他の人が書いた分には楽しく読むのですが音楽の感想書くの好きではないのです、、、


今回のソロは数日前に丸山君から一緒にやりたいと言ってくれたのでとても嬉しかった。最近色々と思ってしまう事があり自発的に言って来てくれた事に感激した。


それでも演奏するのはオレ1人のソロ名義。いつもながらの自分のオレと私と僕と我とIの大戦争。どんどん小さくなっていく自分に助けと色彩をくれる丸山君まで巻き込んで終了。

今年もソロは一回でも多くやります。1人でもやりたいし、また丸山君とやりたい。嬉しい感想までもらえたのでとにかく演奏をしたい。

そしてオレはまたこのビルに再び来る事を自分の義務とした。


終演後は広島の繁華街へ。打ち上げは本当に良い打ち上げだったと思います、音楽そのものや現状と活動の仕方、これからの事など。

新しく出来た友達オカハラさんや、さよさんの話し方と洞察力?が面白くて舌を巻きました。


アンドウくん屈指の?チョイス、広島の鉄板居酒屋、凄い。お好み焼きやウニホーレン草など衝撃的であった。僕や丸山君はこの食べ物にこんなにも衝撃を受けたのに、地元のみんなはその場にウニクレソンがない事に憤り、天まで呪わんばかりの発言もありなんだかとても頼もしく、愛と天才を感じた。何というか文学的で文化的、伊丹十三著の本を読んでいるようで。その場に無い、ウニとクレソンを調理した食べ物にみせた天才達の偏愛はもう僕に世界最高の食べ物はその幻のウニクレソンに違いないと確信させるに何の躊躇もないものだった。ああ、未だ知らざるウニクレソンよ。


夜も更け、皆で繁華街の無料案内所の前で写真を取り解散した。


この日はアンドウ君の家に泊まる為

サヨさんが送ってくれた。どうもありがとう。楽しさのあまり、眠るその瞬間までアンドウ君に相手してもらい僕は30年ぶりにコタツで眠りの国に入国した。


翌朝、またしてもアンドウ君屈指のチョイス「みやさん食堂」へ向かった。


タクシーで降りたその土地は一瞬で空気が伝わった。路上で立ってるだけのおっさんや、やたらとビニールで覆われた家などなんかもう色々アレだ。


店に到着すると僕の楽器はちょっと邪魔だったので店の裏に置く事になった。自転車と同じ要領だ。無論、文句などない。アンドウ君、土地柄、ホルモン天ぷら、ホルモン汁の看板や、店構え、すでに店内で出来上がっている先客の様子を見て僕は期待と興奮で何も不快な事などなかった。

そうして僕は自分のギターを駐輪し

入店したがもう目が眩んでしまった。お客の席に1つ1つまな板と包丁がおいてあるのだ。もうこの時点でノックアウト。天ぷらやでこのスタイルの意味は全く謎で期待値でオレは弾け飛びそうだった。実際オレは少し欠けたと思う。


アンドウ君は手慣れているのでどんどんオススメを注文してくれた。無論、とても安い。ホルモン天ぷら、と一口にいうがあらゆる内臓が天ぷらになって出てくるしおでんにも内臓が入っている。卵など殻付きでおでんに入っていた。そういう地方もあると知識では知っていたのだが目の前にするとなかなかだ。


そうして届くこの最高の料理達はハチの巣や、せんまいなどもかなりの大きさで入っているので自分で切り分けて食べるのです。ナイフとフォークではダメです。包丁とそれを受け止めるまな板でなくては。振舞われたお屠蘇やどんどん煽られる追加注文をお願いし、キャベツとゆずの皮が効いたホルモン汁を頂いたところで死んだ。というか許してもらった。最高だった。小とは何なのかわからないごはんの量とポン酢と辛子で食べる天ぷらよ。ここにも再訪を誓います。店を出ると茹でられたばかりの内臓が干されてあった。


オレは今回の行程で初めてビールではなくお茶を買った。


再び拾いに来てくれたサヨさん、アンドウ君と街中で低空飛行するパラグライダーなどを眺め、広島駅近くの中古ギター専門店に送ってもらった。2人共、本当にありがとう次の機会を楽しみにして下さい。お返ししたい。


そのギターショップはビザールギターが多く、国産のちょっと中々みないオールドギターがたくさん置いてありここでかなり時間を費やした。


「本と自由」というとても信頼厚い面白そうなお店に行けなかったのが今回の唯一の悔いであった。少し通ったが横川という平気で何日でも使えそうな街だった。次こそ。


本当はここで福岡に帰るべきであったがこの日1月7日の田舎者フェスの出演者が見たいバンドばかりだったので全く都合が合わないが広島の4.14というこれも是非来たかったライブハウスに向かった。


路面電車は街の静脈で広島は身体のようだ。


会場に到着すると当然だが誰も知らない。これは厚かましくリハ中に入るのは難しいかなと逡巡したし、勿論入るべきではないのだが色々覚悟を決め、入る事とした。


昨日顔見知りになれた人やオカハラさんのはからいもあり、主催者の人に大変申し訳ない許しを得て色々なバンドのリハーサルと、1番目のウサギバニーボーイまで見る事が出来るラッキーボーイとなった。ホントにすみません。ありがとうございます。色々な人と話せました。


関係無いが、話してみると皆物凄い好奇心のかたまりで九州のバンドは勿論、一度も広島で演奏した事は無いですがtepPohseenとかも知っててくれたので有り難かった。なんだかわかんないがもっと知られるように頑張ろうと思った。


スピーカーゲインティアドロップ、ヌイルも見る事が出来てとても有意義だった。次回は正しく見に来ます。ホントにカッコよかった。

ホントにこんな体験の仕方で申し訳なかった。時間が無いから、などとは僕の勝手な都合だ。


ウサギバニーボーイのライブ、圧巻。ここでどうしても福岡で四部屋の会議があるので新幹線に乗らなければ行けなかったので見送ってくれたアンドウ君、ギリギリ会えた神田さんにも別れと御礼を告げ広島駅に向かった。


皆さんありがとうございます。


そして今これを書いているこの瞬間にも田舎者フェス最終日が行われていてルーペズが演奏してるのだと思うと今すぐにでも戻りたい気分だ。


再び広島へ行く事を想像しながら








クリスマス

クリスマスという物に思い入れも予定も何もないけど、道行く人達が何か子供めいた期待に胸を踊らせて歩いているのはなんかいいと思います。


みんな毎日そんな感じだといいな。


ただの賑やかし目的の人や、何か悪い目的の人もいっぱいいるし、クリスマスの出自自体が無縁なものなのでこんなお祭り騒ぎは間違っている、というのもよくわかります。


まあ知らない人の良い笑顔が普段より多く見れるのでこっちもなんかちょっといい日なのかなと思います。

2017.12.9 1人で山口印度洋

この日はマクマナマン企画「ちらかる」にて、山口のBAR印度洋へ。

アンダーグラウンド系に強い有名なハコである。


午前中、レンタカーに一緒に乗るため大らかに集まった僕とマクマナマンリズム隊、エミックス。


ジッタ君がETCを忘れて一緒に住んでいる人に上空からETCを投げてもらうシーンに感動した。

ヒラヒラと飛ぶETCはジッタ君を寄せ付けず道路に舞い降りた。

桜の最後の1枚を思うに至ったがまあでもETCだ。


レンタカーは割と新しい車だがなぜかMDプレイヤーが付いていた。無論持ち合わせはない。

車内はタケシ君が持って来てくれた数種類の音楽と、ジッタ君の話で音は止む事なく北上する。



最近山口のオルガンズメロディーに数回来ていた僕は少し物知り顔のつもりでいたが思っていた座標になく面食らった。湯田の方が遠いと思いこんでいました。

そんなはずはない、湯田の方が遠いはずだ、とジッタ君に抗議すると「じゃあ去年場所が入れ替わりました。」とかわされてしまったので俺は話の土俵から落ちてしまった。


印度洋の近くに着くと、久しぶりのオーちゃんの働くカフェに4人で入っていった。ここは大変にオシャレでカレーが美味しそうだった。


食べようか、どうしようか。


メニューにメンチ切って今にも頼みそうであったがビールを頼む事として我慢した。オレは飢えて痩せこけたチビのつもりで演奏したいと思っていた。何だか他愛もない楽しい話をして外に出ると町のいたるところで本日出演の福岡の音楽家達に会った。


今日の「ちらかる」は山口で催されるにも関わらず全出演者福岡在住なのです。すごいことするな、、、

もう何が何でもものすごい演奏をしなければいけない。来場してくれた人に前情報も何もない状態で食いつかせねばならない戦い。とにかく自分を塗り潰し演奏へ向かう。


コンビニエンスストアが見当たらないが酒屋の自販機でビールを見つけたので購入しようとすると年齢認証システムが付いていて免許証を差し込めというのだ。


免許って18歳から取れなかったっけ?と俗っぽい疑問を持ちながら免許証を入れようとしたがどうにも怪しい。とても古ぼけている。とにかく免許証を入れてみると予想よりも深く喰われてしまい僕とジッタ君は悲鳴をあげた。こんなところで免許を失効するのか、何でこういらないトラブルを一々呼び込むのかだいぶさかのぼってってたまりにたまったオレの怒りは免許証がわりと簡単に引き抜けたので霧散した。帰れ、過去に。怒りよ2度と出てくるんじゃない。


結局、店の中から出てきた人によりその機械は飾りで普通にお金を入れれば購入出来る事がわかりなんか優しい気持ちになった。


リハーサルまでまだ時間があったのでコモやんのカレー屋でまた少し遊んでもらった。コモやんは初対面だったがぶっきらぼうだけどとても良い人だった。


印度洋に着くと少しずつ今日の方向が見えてきた。まだ揃ってないバンドがいたので1人の僕はリハーサルを

促されたが予定通り後にしてもらった。リハーサルからライブなので不用意にやりたくなかった。とりあえず1人で全責任を負えるので、できる限り嘘を付いてリハーサルを終えた。


小心者のオレは少しずつ小さくなる。


リハを終えて気付いて見ると福岡の知った人達とは別に今年知り合った山本初子もいて少し気が軽くなった。


小さくなったオレはまた友人2人と外を適当に歩き、遊び、ステージを待つ事にした。


久しぶりに歩く町、白くなり始めた吐息と点滅する信号機。


開場時間になり、印度洋にリターン。


最初に演奏した白☆星がとても良い演奏でずっと見ていたかった。


すっかり自分を塗り潰し、倒錯したオレは終始ため息混じりにやりたくないと言いながら演奏した。それは後ほど物議になった。


1.オーブル街

2.黄燐の鳥

3.十分間

4.近付く

5.目覚めのバラッド

6.秘密


だったと思う。随分自分に成り切って演奏したので記憶は不確かだか拍手はたくさんもらえたので照れるような嬉しいような気分であった


黄燐の鳥、目覚めのバラッド、秘密が特に感想をもらえて感激したが間に受けない事とした。


I.W.C 、マクマナマン、zafune皆とても凄みのある演奏でとても良い影響をもらった。


やり遂げた感があり、打ち上げはまたコモやんの店へ。


沢山の人と飲んで話をした。

色々な話も聞けて楽しかった。


翌日、福岡に戻りました。





2017

使い方間違ってると思うけど、掛け値無しによく戦った。と言える1年です。


出来ない事を出来るようにしたり、失敗もしたり。そのやり方だと失敗する、という事もわかった。

こんなに密度のある1年は記憶にない。


演奏するのは1年の内ほんの少しだけど、それまでの緊張と不安とスリルが心に年中あって本当に言葉にし難い気持ちで過ごしてました。今にもどこかに落ちて行きそうなバランス。自分自身との全面戦争。よく練習も勉強もしたし手につかなかったものも、もう忘れた事もある。スタジオにもずっと入ってた。家でやれる事は家でした。


好きな事も嫌いな事も増えました。


今年始めたのに今年辞めた事もあるし今からずっと続くものもある。


来年の話をするのはまだ早いけど5月まで決まっています。ソロに関しても出来る事が増えました。しかしながら今年出来た事は来年にはもう通用しないし、いつも新しい人間でいれるようにやって行こうかと。



角度を変えて四部屋の12.2

ついに当日。5月にtepPohseenで共演して頂き、半年以上を準備にあてたこの日。


SOLMANIA 福岡ライブ


午前。

前日の日記から性懲りもなくまた同じ銭湯へ向かった。繰り返すつもりもなく、俺はまた銭湯に向かわなければ行けないと思った。


なぜなのか?浴槽に黄金の金塊でも埋まっているとでもいうのか?

何が俺を呼ぶのか


セーブポイントからコンテニューするようなものか?わからないでいたがとにかく意気込んで入場してみると男湯と女湯が昨日と逆転していた。


昨日と同じ場所に行けない。なんだか拍子抜けしてしまった。


普通に暖をとり帰宅。弦を張り替え13時から3時間の四部屋の練習の為、機材を載せてスタジオへ向かった。


練習途中に抜け出して大野さんとカツミさんに再会した時は感動した。嬉しかった。


練習が終わったので駐車場で何とか牡蠣を焼こうと皆に提案したが誰も賛同しなかった。

絶対怒られるからやめとけと言われてしまった。当たり前じゃないか、迷惑なんか誰にも掛けたくない、本気じゃなかったそんな事わかってるよ、ただなんとなくちょっと言ってみただけだろう?


本日の出演者、皆素晴らしく感動的であったし何よりもイベントを通して連帯感などまるで感じさせないところもとても良かった。一人一人、確固たるものであった。


個々の演奏の度に時間をロックしたかった。このまま時間に動いて欲しく無かった。


ホントは動かしたい時間もあった。


ローカルな話だが去年からライブ予定を入れにくくなっていた宇都さんが活動的でないのが嫌だ。

もちろんやりたい事があって、自分の為にも十数年眠っていた四部屋を叩き起こしたのだけれど。


樺島、山内くん、TAMAが加入し4ヶ月でなんとか8曲12.3分程のライブの用意が出来た。中々予定が合わない中、わりと展開の多い曲を皆の詰め込むさまは目を見張るものがありました。


宇都さんは最後のスタジオまで新曲を持って来たしブレイクを変えたりで面白かった。


イベントが始まり、少し離れたところを歩いてたらTAMAが誰にも邪魔されないように直前練習の録音を聴いているのを見かけた。


とにかく色々な時間が動いているようでした。


どのライブも良かったし細かい感想は苦手なので書けません。


ライブが終わり、するはずのなかった打ち上げへ。四部屋のみんなと席は離れてしまいましたがとても刺激的な数ヶ月でした。また何とか一緒に演奏をしましょう。


そしていい加減角度を正して。


Natural.Anarchy.Orgazm

SNOPPY

オクムラユウスケ&NOT SPORTS

D-FLOOR+諸富栄二

倉地久美夫

LSE

DJ-asm5gd

      massie

皆さん長丁場のイベントにすみませんありがとうございます。


この中のどこにも1人も僕は仲良い人はいません。何度も言ってますが絶対無くそうと思っていた連帯感もしっかりと無く、1つ1つが1つのまだ高くなろうとする山の頂上だと思います。


僕は個人的に反省点が多々あるので正して行きたいと思います。


今回1番労力を背負わせてしまったライブハウス、ユーテロにはしっかりとした感謝を。無茶を連続させてもらいました。1ドリンクを無くすなど。反省してやめるのではなく、工夫してまた別のやり方でやろうと思っています。また、ずっとお酒を飲んでいて申し訳なかったが心に余裕が無かった。


そしてSOLMANIA、大野さんカツミさん大阪の時も含めて演奏をありがとうございました。もう20年前くらいから好きでしたが関係なかったです。現在の最新のSOLMANIAが改めて好きです。

書かなくて良い事だとわかっていながら(わかってないから)書きますが本心かしらん大野さんにギターを褒めてもらった時は言葉も出なかった。


関わってくれた皆さんありがとう。


縁があり、最近色々な方達と共演出来て、福岡に来てもらったりしていますが別にありもしない名誉を手に入れたりお友達作りをしたいわけではありません。


ちゃんと知りたいんです、皆が個別に一体何て言ってるのか


話が覆りますがもう4時過ぎまで遊んでくれたSOLMANIA大野さんカツミさんありがとうございました。


旅館まで2人を送り、

自分の車のトランクを開けたら

ホントは今日牡蠣を焼いたら絶対みんな喜ぶと思ってはりきって持って来ていた七輪と炭が恨めしそうに乗っていた。

僕は何だか練炭自殺志願者の様な備品の中、車の中に潜り込んだ。


隅々までいかんせん花おこしを聴きながら眠りについた。












12月

大阪から帰ってきた俺は未来など何もない。


たまにある絶食期に突入し、気分良く自滅に向かい帆を上げた。向う岸も見えない。いつも。


仕事もやり過ごし、ライブを控えている四部屋の連続スタジオをやり遂げてもどこにも自分を感じとれない。


記憶に残ってるのは深夜の2時の練習終わり、ギターを転がしながら見上げた空は夜そのものだった。


半日午前だけ予定が空いたので銭湯に行くとサウナで転倒して大きなアザを作ってしまったがザワつく周りを後に大丈夫だと行って露天に向かった。ホントは自分がどこにいるかわかんなくなってたが入浴すれば済むと思ってそのようにした。


気が付いたら知らない裸のおっさんにこっちも裸で抱き起こされていた。すごい絵だったと思う。


しっかりした後に話を聞くと、サウナからおかしかったので気になって見ていた。露天風呂では口が上を向いて全開以上で寝ているようだった。程なくして身体が沈み、水面から消えて1秒くらいで抱き起こしたとのこと。


最近色々抱え込んでいたのか


あと、友人の一言で救われるって事あるんですね。


ありがとうございました。マジ気をつけます。


ノスタルジックとは。

とにかく自分の心を乗り越えなければダメだ

色々な過去に引きずられない様にしないと。

そしてそれはとても難しい事なんですね。40年かけて積もったものはいらないからって振り払えない。


僕の嫌いな言葉と姿勢に「ノスタルジック」という言葉があります。

一般的な意味は過去を懐かしむ、懐古的というような意味だと思います。昔はよかった、だとか。


先日、機会があり「ノスタルジック」という言葉の意味を調べ直したところ、「失ったものが美しくみえる事、失くしたものを愛おしむ事」

というような記載がありました。


結果、僕は自らが嫌いなものになっていたのですね。


どうにかして前を向いて歩かないと

生きている意味がないし、音楽をしている意義もない。